第87回

随想第88回

株式会社まんま亭 代表取締役 武藤 重樹 料理人のその先へ 株式会社まんま亭 代表取締役
武藤 重樹

 私は、料理の道に入って18年!ホテルオークラ東京に入社し、(東京)(千葉)(築地)(オランダ)と様々な職場を経験し、退職後地元に帰郷して「まんま亭 楽」を開業し、2020年10月で10年を迎えて11年目に突入しました。
 何より「人に喜んでもらえること」「人に求められること」を大事に考え、追求していくのが大好きです。自称・料理オタクでもあり、気になることはどこまでも調べないと気が済まない性格でもあり、負けず嫌いでもある。そんな職人として、毎日のレベルアップを常に探し求め進んでおります。そして、今は「株式会社まんま亭」となり、和食店・パン屋・カフェ・キッチンカーと事業拡大し営業しております。自分の限界を作らず、新しいチャレンジをどんどん進化させて、時代に合わせる事業ではなく、時代を作る事業を目指しております。
 もう一つこの道に入った時から、実現したい思考があります。それは必ず!(真面目に、頑張った人間が評価される環境)を作りたく励んでおります。これは今まで自分が味わってきた矛盾した評価の仕方でした。料理が好きで人に喜んで貰える為には時間も惜しまず、徹底的にやっている人間が浮いていたからです。こんな環境が嫌で自社を立ち上げました。私の料理に対する思いや、お客様に寄り添った料理が、何よりも大事に、心がけて10年。そして、この道を魅力ある料理道として、若者の心に響く生き方として模範になるように示して行きたいと思っております。
 「料理人」として料理を考え、調理の仕方・食材・組み合わせ・味付け・色合い・ポーションのサイズ感・雰囲気・間の取り方等などを考えると、凄く楽しいことです。(なぜ、そのようにしたのか?)(どうして、これを作ったのか?)を考えて毎日変化させ、お客様に感じ取って頂き、評価された時の喜びは本当に最高の時間です。この気持を新しい料理人を目指す子たちに伝えていきたいと思います。
 私の今後としては、料理人の域を超えて単純に「凄い人」になるのが目標です。お知らせ・こんな社長の下で、働きたい方いつでもどうぞ!

次回は蔵王酒造株式会社 常務取締役 渡邊毅一郎様