理事長挨拶

上村理事長

宮 城 県 料 飲 業 団 体 連 合 会 会 長
仙台中央地区風俗営業等暴力団追放対策協議会会長
宮城県風俗営業等暴力団追放対策協議会会長
仙台中央地区防犯協会連合会副会長
宮城県生活衛生営業指導センター副理事長
宮城県生活衛生同業組合連合協議会会長
宮城県社交飲食業生活衛生同業組合理事長
上村  孝

沿岸部支部組織強化を強力に推進 被災地組合の更なる再構築を目指す

明けましておめでとうございます。

平成29年の新しい年を皆様お揃いでお迎えになられました事を心からお祝いとお慶び申し上げます。

昨年は組合推薦企業、関係各位、組合員に感謝しても、しきれないご恩とご支援、ご協力を賜りました事に、心から御礼と感謝を申し上げる次第でございます。

震災から早いもので、5年9ヶ月が過ぎました。ともすれば震災列島に住んでいることが忘れられ喉元を過ぎれば、つい備えを怠り、時間の流れは全てを消し去ってしまいます。

健康もそうです。
大切な一日で二度と戻ってこない一日です。

昨年の世相を一字で表す漢字は「金」に決まり、京都の清水寺で発表されましたが、はたして今年はどうなることやら。

米国不在のTPPは漂流し、中国への対抗の主軸を失い、ベトナム原発中止でインフラ輸出に逆風が吹き、経済は一部上場企業と川の上流が良いだけで私達第3次有給産業は下流であり、血液であるお金はまだ回ってない状況です。

英国民投票や米大統領選に依るポピュリズムの波が衝撃を与えている現在大変厳しい状況にあるといえます。

組合員減少や営業再開を支援する、沿岸部支部組織強化による復興支援事業を気仙沼支部、塩釜支部、石巻支部において強力に推進して三年目になります。

少しずつ効果も出はじめておるところで、組合は尚一層努力をして参ります。

本年も組合員と役員が一丸となって、社会に必要とされ、誰からも愛され誇りある組合を目指して参ります。

受動喫煙防止対策法制化の成立にも、拙きが、水を求め、泉を掘りて、泥をあぐることのないように国に要望して参ります。

年頭に当たり皆々様の益々の弥栄とご健勝、ご多幸を祈念申し上げて挨拶といたします。